針脱毛と違いレーザーなら痛くないと聞いていたのですが、全然ってわけじゃないんですね。


by kifkifdog
健康 まつげの病気などには、主に次のようなものがある。 まつげが失われる"Madarosis"と呼ばれる症状がある。 眼瞼縁炎はまぶたの端に炎症。まつげを失う場合がある 睫毛重生は、いわゆる二重まつげの複数の列またはしまえば異形成の一種である。 さかまつげ("さかさまつげ"とも呼ばれる)は、まつげが眼球の方向に成長してしまう症状である。まつげの頭の位置が角膜などを損傷することができ、日本では"逆さまの松の木"を絵馬に描いて奉納し治癒祈願した。 抜毛症、抜毛癖にまつげを抜いてしまう場合がある。 麦粒腫いわゆる"ものもらい/めばちこ"は、まぶたの脂腺や睫毛腺などの動脈の炎症によって起こる。 動物のまつげ 哺乳類には特徴的なまつげが付いていることが多いようである。ラクダのまつげは長く、ボリュームがあり、キリン、ウマ、牛にも個性のあるまつげがある。 鳥は、ダチョウの羽が変化しているまつげがあり、サイチョウ科の鳥にもまつげの形のものがある。 爬虫類であるヘビ、マツゲハブの一種は、その名の通り、まつげのように見える突起が目にあり、名前の由来でもある。
[PR]
# by kifkifdog | 2010-07-09 16:14